冬の間に元気にしよう 庭木の肥料は寒肥が重要 

にわのこと

冬の間に行う庭木に行う施肥を寒肥といいます。休眠期に遅効性肥料を

与えることでゆっくりと分解され、庭木の新芽めが芽吹いてくる

春ごろに効果が表れます。それでは、庭木にどのような肥料を与えればいいのでしょうか。

寒肥とは?

寒肥(かんぴ、かんごえ)と読んだりします。冬の寒い季節に与える肥料のことです

冬の間は肥料なんていらないんじゃない?と思われがちですが、この時期に与える理由が

たくさんあるのです 

肥料の種類や選び方

寒肥は有機質の肥料が多く牛ふんや鶏ふんが使われています。有機質の肥料は時間をかけて

地中で分解されるので化学肥料とは違い植物に負担を与えにくいのが特徴です。

牛ふんや鶏ふんなど匂いが気になる方は、油カスなどで代用してもいいでしょう。

それぞれホームセンターなどで手軽に手に入るので、庭木に元気がない場合などには

積極的に与えてください。

創和 炭化けいふん 3kg
創和 炭化けいふん 3kg

寒肥のやり方

では、寒肥をどのように与えるか説明していきます。重要なのは肥料を与える場所です

与える庭木の幹から1mから2mくらいがよいでしょう。幹の真下では十分な効果がえられません

覚えておいてほしいのですが、樹の枝と根はおおよそ同じ位置である事がおおく、

樹の枝の先端くらいの距離に肥料を与えるのがとても効果的です

日清 油粕 3kg
日清 油粕 3kg
トップページ
お庭の事なら石井造園にお任せ!富山を拠点に、お庭の手入れから設計・施工・管理までトータルでサポートいたします。
『重要です。1年の成長のを決める寒肥』
寒肥ってなに? 寒肥とは12月から2月の寒い季節に植物に与える 肥料のことです。寒い季節に植物の成長はありませんが この季節に与えた肥料は、土の中で植物が吸収…
タイトルとURLをコピーしました